若い頃は睡眠時間を削っても無理が効いたのに、仕事や家庭での役割が多くなり、運動機会も遠ざかり中年になると新陳代謝が落ちて、体重が増加の一途を辿り、睡眠負債に陥り、肩こりや眼精疲労など寝ても取れない慢性疲労に苛まれている方も多いのではないでしょうか。



これを放置することは、会社でも家庭でも期待されるパフォーマンスが発揮できない状況となります。
anx1337383

Maialisa / Pixabay 
そこで、アスリートの様に疲労管理を行うことで、常に最高の体調で様々な課題に取り組めるようにしてみませんかというご提案です。頭で戦略的に計画立てて目標に向かって取り組む方法が一般的だと思いますが、体を最適に調整することで、より効果的に目標を達成できる方法です。
次回は、 具体的な実践方法を説明していきたいと思います。